中学受験の学習を進めている生徒たちの中には成績が下る人もいます。
いつも通りに勉強をしているが、下がってしまいます。
これまでと同じように勉強をしているので、成績が下る原因が判らず、悩んでしまいます。
下がる原因は、周囲の受験生の成績が上がったためと学習をしても成果が得られていないための2つです。
中学受験の勉強を始めた当初は、首位の受験生も本格的に勉強しておらず、修学旅行などの学校行事に気を取られています。
他の受験生よりも取り掛かりが早ければ、少しの学習量で大きな成果を得ることができます。
特に一学期中は成果を得やすく、逆に夏休み以降の二学期は成果を得にくくなります。
周囲の本気度が増していることに注意を払い、自分陣の勉強の質を上げていかなければなりません。
時間には限りがあるので、既に習得している基本事項より応用問題の解法を整理し覚えるなどで、内容の濃い効率的な学習を心がけなければなりません。
本気度に気付いていても、解ける問題ばかりを解いていれば成績が上がるはずはありません。
勉強の仕方が悪いのと指摘されます。
どれくらい新しく知識が増えたか、どれくらい解けない問題が解けるようになったかを日々実感しなければなりません。
中学受験の本番が近くになるにつれ、周囲の受験生もスキルアップしているため、新しくえたスキルが求められます。