中学受験をさせようと思う親御さんは多いですが、そのためにはまずは、中学受験用の塾にいれることからはじめます。
うちの子は頭がいいから、自力でやるという人も稀にいますが、それは無理です。
というのも中学受験の試験問題は、とても難易度が高いということと、範囲も広範囲に及んでいるために、しっかりとした勉強と対策と取るためには、塾にはいる必要があるからです。
受験の科目は、国語、算数、理科、社会の4科目ですが、いずれもとても量があるということと、難しいので、しっかりとした勉強の習慣を身に着けていかないといけないのです。
そして小学校6年生くらいになると、そろそろ志望校を決めていく段階にきます。
というのもしっかりとした志望校を決めておくということで、モチベーションがあがるので、勉強にも身がはいり、成績があがっていく傾向があるのです。
志望校を選ぶためには、学校説明会にいっておくことと、学校の文化祭にいって、学校の様子をしっかりと見たうえて決めたほうがいいです。
よく知らないのに、入ってしまうと、こんなはずではなかったと後悔することが多いからです。
そして学校選びは本人にきちんと決めさせることが必要です。
まちがって親が説得するのはやめたほうがいいです。