中学受験を考えている家庭では、子供より先に親が悩んで負のスパイラルを生むことがあります。
悩みの特徴には、子供の成績が上がらないことや勉強時間の確保が難しいなどです。
確かに中学受験は一度きりの経験なので、小学校5、6年生は勉強に励む時期でもあります。
しかし子供はまた遊びに楽しさを見出しているので、勉強時間を長くすることはかえって学習意欲を削ぐことにつながります。
そこで親が叱ったり、成績に関して文句を言ったりすると、マイナスイメージが子供に植えつけられるので、中学受験の難易度が高すぎると苦手意識を持ってしまいます。
小学校高学年になると勉強のスピードが速くなるので、毎日こなすのに大変なストレスを感じています。
しかし子供にも悩みを共有させると、中学受験自体を辞める恐れもあるので、大きな心で見守ります。
多くの人が塾に通わせれば、必ず成績が伸びると考えますが、やる気のある子供でも調子の出ない時期はあります。
親も勉強の教え方が分からないと焦り始めますが、無理に勉強させても効果は出ません。
塾の中には定期的に面談を行って、子供のメンタルケアに加えて保護者の悩みに対してアドバイスをすることもあり、受験に対する心構えが重要です。