最近将来のために、中学受験をする子供たちと、その受験をサポートする親が増えてきています。
合格すればいいに越したことはないのですが、時には失敗することもあるでしょう。
傍目から見れば、受験失敗などは長い人生で考えてみれば大したことはないのですが、本人や親にとってはショックが大きいようです。
本人は、その中学に入学することを目指して必死に頑張っているわけですし、親からしてみれば中学受験はそれまでの教育費用などもかなりかかりますし、自分も生活を犠牲にして子供にかけているわけです。
むしろ本人より、親のほうがショックが大きいかもしれません。
親が落ちこんでしまう気持ちは分かりますが、その落ち込んでいる姿を子供にみせてはいけません。
中学受験に失敗すると、父親と母親が言い争いする家庭がありますが、その姿をみたら子供はすごく悲しい気持ちになるでしょう。
一番やってはいけないことは、失敗の原因を子供に追及することです。
このことで、トラウマとなってしまいこのあとの高校受験やひどい場合はこれからの人生に影響することもあるようです。
良いケア方法としては、とにかく受験が終わったことを素直に喜んで、今まで頑張ってきたことを褒めてあげることが大切です。